SSブログ

南話§台北で指環~北緯25度~ [オペラ]

昔々の2006年9月、台湾は台北の國家交響樂團創立20周年記念で演奏会形式『ニーベルングの指環』上演のうち『神々の黄昏』だけ行ってきた。たぶんおそらく、最も赤道に近いところで演奏された指環ではなかろうか。

ちなみに『ニーベルングの指環』は『尼貝龍指環』で『神々の黄昏』は『諸神黄昏』である。

75202_304053413002759_1152326996_n-horz.jpg

台北旅行の計画を立てつつ、チケットの予約に苦労した。確か予約ページは繁体字と英語の選択だったと記憶していて、試しに繁体字のページに入ってみたが、なかなかに手強く、現地のチケットセンターで引き取れた時には、ほっと一安心したのだ。

簡文彬が指揮するワーグナーは、手堅いものだった。バイロイトのピットと同じく、コントラバスが4本ずつ上手下手に分かれる配置だったが、効果的だったかどうかはわからず。

ジークフリート以下、主役を歌ったのは欧米の歌劇場でワーグナーを歌っている歌手で揃えられ、声楽的にも申し分のない上演だったが、欧米組が全員暗譜で歌っていたのに、グートルーネやノルン、ラインの少女を歌った現地歌手たちは譜面台から眼を離せないというのはいかがなものかではある。

とはいえ音楽的には充実したもので、ラインの黄金、ワルキューレ、ジークフリートも聴きたかったと思ったのだ。

3泊4日の初台北滞在だったが、茶館での台湾茶や現地の食事も楽しめて、肩の凝らない旅となってくれた。

《クラシックのトピックス一覧》
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。