SSブログ

顧話§今日の歴史~分別の手間かけて~ [京都]

1981年10月9日、京都市議会で日本初の「空き缶回収条例」可決。

今ではあたりまえになった、空き缶やペットボトルの回収事業だが、始まったのは42年前の京都だった。

実働に漕ぎつけるまでには、多くの課題をクリアする必要があっただろう。単純に空き缶といっても、スチール缶もあればアルミ缶もあって、捨てる側は一緒くたに放り込んでいるが、回収するほうは、それから分別していく必要がある。

リサイクル事業が軌道に乗るまで、どれほどの年月が必要だっただろうかと思う。

もちろん捨てる側にも色々とやるべきことが増えてきていて、ペットボトルのキャップとラベルは取り除いて捨てるようになっている。昨今はさらに、そうした処理が行われていなかったら回収しないというルールで臨む自治体も現れてきているのだ。

《歴史のトピックス一覧》
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。